常連さんも笑顔で納得!ネットショップの商品価格が店頭販売より高くても怒られない2つの方法

東京のすみっこより愛をこめて。fummyです😊💡

Webデザイナーをしていますが、たまにクライアントさんのネットショップ開設(運営)の相談に乗ることがあります。

最近は、リスクもほとんどなく、お手軽にネットショップの開設ができるため、これまで店舗で経営をしてきた方も、

「そろそろネットショップを開設して販路を広げたい!」
「むしろ、ゆくゆくはネットショップの方をメインにしていきたい!」

と考えることがあるのではないでしょうか。

そのときの大きな悩みごとの一つに、

「ネットショップの商品の価格をどう設定するか」

が、挙げられると思います。

なぜなら、たとえネットショップと店舗で全く同じ商品を売るとしても、「ネットショップでの価格」と、すでに店舗で採用している「店頭価格」を、同じ値段にすることが難しいからです。

ネットショップを開設すると、

  • ネットショップのサービス利用料(月額利用料)
  • クレジット決済などでかかる販売手数料
  • 梱包・発送の手間(梱包材費用・人件費等)

などの費用が新たにかかります。なので、ネットショップで販売し、利益を確保するためには、これらの新たな費用を商品価格に上乗せするしかないのです。

もちろん、ネットショップの価格に合わせて、店頭価格も同時に上げることができれば何の問題もないのですが、どうしても気になってしまうのは「常連さん」の存在です。

特に長年店舗を経営していると、いつも購入してくださる「常連さん」がいらっしゃいますよね。いきなり店頭価格を値上げして、いつも支えてくださる常連さんに対してまで負担を強いるのは、心が痛みます。

今回わたしに相談してくださったクライアントさんは、東京都内の某飲食店の店長さんなのですが、

店頭価格は今のまま据え置きにして、ネットショップだけ高めの値段設定にしたい」
「でも、ネットショップだけ高めの価格設定にしたら、印象悪くないかな・・・?

と、お悩みでした。
また、長年お店に通ってくださっている常連さんもいらっしゃるので、

「ネットショップでは、店頭よりも高めの価格を設定したい」
「でも、常連さんには、ネットショップでも店頭価格と同じ値段でお得に購入してもらいたい

とも、考えておられました。

つまり、まとめると、クライアントさんには、以下の3つのご希望があったわけです。

クライアントさんの3つのご希望
  1. 店頭販売価格は、今のまま据え置きにしたい
  2. ネットショップでの販売価格だけ、手数料などを考慮して高めに設定したい
  3. 常連のお客様には、ネットショップで購入するときでも、店頭価格と同じ値段でお得に購入してもらいたい

そこで、本記事では、これらの3つのご希望を叶えられる、オススメの2つのアイディアをご紹介したいと思います!

ネットショップ, オンラインストア, 価格, 店頭販売, 価格差, 高い, BASE, STORES.jp, カラーミーショップ, 無料, クーポン, お持ち帰り

まあ気づいてしまえば何のことはない、とてもシンプルな方法です。
正直、拍子抜けすると思います。

しかしながらクライアントさんは、このことでずっと悩んでおられたんですよね。
でも、このお話をしたとたんに表情がパッと明るくなって、それはもう堰を切ったように「本当にずっと悩んでたんだ!安心したよ!ありがとう!」って、喜んでいただけたのが、わたしもすごく嬉しかったんです。なので、同じようにお悩みの方がいるかもしれないと思い、この記事を書いています。

というわけで、これでなんの気兼ねもなく、ネットショップだけ価格を高く設定できますよ!
ぜひご参考にしていただいて、今日はぐっすり眠ってください!(笑)

SPONSORED LINK

方法1:店頭価格を「お持ち帰り割引」と名付ける

店頭価格は今のまま据え置きにして、ネットショップだけ高めの値段設定にしたい」
「でも、ネットショップだけ高めの価格設定にしたら、印象悪くないかな・・・?

という、お悩みを解決するためのアイディアがこちら。

店頭価格を「お持ち帰り割引」と名付ける のです。

店頭価格は今のまま据え置きにします。ネットショップは、店頭価格よりも高く設定します。そして、「店舗で購入してくださるお客様には『お持ち帰り割引』で、ネットショップのお値段から●%引きにします」と告知しましょう。

ちなみに、飲食店を想定しているので「お持ち帰り(テイクアウト)割引」と呼んでいますが、「店頭割引」などの名称でも良いと思います。

こうクライアントさんにご提案したら、「うまい…!」と感心していただけたのですが(笑)、このアイディアのヒントは、ピザ屋さんから得ています。

参考:ドミノ・ピザの「お持ち帰り割引」

たとえば、うちの近所にもある宅配ピザのドミノ・ピザ
そのテイクアウトページを見ると、次のようなことが書かれています。

「お持ち帰りなら1枚だけでも特別価格でおトク! 1枚割!」

そして、割引の結果半額近くになってます(笑)。「やりすぎじゃないの?大丈夫?」と、思っちゃいますけど(笑)。でも、さすがにここまで値引きされたら、おうち大好きで可能な限り外出したくないわたしですら、わざわざ店頭まで取りに行きますよ。だって、同じ値段で2枚買えちゃいますもん(笑)。

なんでこんなに割引できるのかというと、どうやらピザって、デリバリーにものすごいコストがかかっているそうなんですよね。なので、お客様に取りに来てもらえるなら、ピザをもう一枚つけたとしてもお釣りがくるくらい、ピザ屋さん側としてはありがたいようです。

ここで注目したいのは、驚愕の割引率ではなく(笑)、発想の転換です。
本当にこれ、うまいと思います。

だって、「デリバリーだと割高」なのを「お持ち帰りだとお得」言い換えるだけで、お店側はお客様にサービスしている気持ちになれて嬉しいし、お客様もなんだか得した気分になります。

みんな幸せになりますよね。

初めて見たときは、ほんとに「コペルニクス的発想の転換 …!」って感動しました。ドミノ・ピザは天才です。物事を前向きにとらえるって大切ですね。

方法1「お持ち帰り割引」のまとめ
  • 店頭価格は今のまま据え置きにします。
  • ネットショップは、店頭価格よりも高く設定します。
  • 店舗で購入してくださるお客様には『お持ち帰り割引』で、ネットショップのお値段から●%引きにします」と告知しましょう。

SPONSORED LINK

方法2:ネットショップの機能で「常連さん専用クーポン」を発行する

「ネットショップでは、店頭よりも高めの価格を設定したい」
「でも、常連さんには、ネットショップでも店頭価格と同じ値段でお得に購入してもらいたい

というお悩みには、こちらのアイディア。

「常連さん専用の割引クーポン」を発行 しましょう。

いまのネットショップサービスは、どれも本当に高機能で、「あの機能を使いたいな」と思いつく機能は大概備わっています。

クーポン発行機能もそのひとつ。

たとえば有名どころの「BASE」というネットショップサービスでは、クーポンコードを発行することができます。

クーポンを発行したら、メールでもお手紙でも良いので、常連さんにクーポンコードをお伝えし、ネットショップで注文する際にクーポンコードを入力していただくようにしましょう。

そうすれば、長年支えてくださっている常連のお客様への感謝の気持ちも表せるし、特別感も味わっていただくことができますよね。

実際、今回お悩みだったクライアントさんは、創業40年以上の東京都内の某飲食店の店長さんなのですが、それだけ長く経営していると、途中で店舗の移転などもあったわけです。そうなると、遠方(以前の店舗の近く)に長年お付き合いのある常連さんがいらっしゃるので、今でも電話注文を受けて遠方の常連さん向けに郵送での販売(つまり通販)をすることが、ちょくちょくあります。

このときの商品の価格はもちろん「店頭価格」ですし、たくさんご購入いただける時には「送料無料サービス」なんかもされているとのこと。ネットショップを開設した後も、常連さんに関しては、この値段を変えたくなかったのです。

そこで「常連のお客様には『常連さん専用のクーポン』を発行することで、ネットショップでも今までと変わらないお値段で購入いただけますよ」と、クライアントさんにお伝えしたところ、ホッと胸をなで下ろしていらっしゃいました。常連さんは、やはり、絶対に大切にしたいですものね。

参考:ネットショップの機能で発行できるクーポンのイメージ

実際にネットショップの機能で発行したクーポンがどんなものか、画像を貼り付けようと思ったのですが、ちょうど「BASE」で、いい感じのクーポン発行動画があったので、代わりに載せておきますね。

クーポン発行apps」@YouTube(BASE

BASEだと、割引方法として、「割引率(%) 」か「値段(●●円引き)」が選択できます。

また、動画だとクーポンの「有効期限」を設定していますが、これはオプション機能なので、設定しない(無期限のクーポンにする)こともできます。

常連さんには無期限のクーポンを発行して、「いつでもこれをお使いください」とすれば良いですね。

方法2「常連さん専用クーポンを発行する」のまとめ
  • ネットショップの「クーポン発行機能」を使って「常連さん専用クーポン」を発行します。
  • 常連さんに、メールやお手紙で「クーポンコード」をお伝えします。
  • ネットショップで商品注文時に、所定の欄に「クーポンコード」を入力していただくようにします。

SPONSORED LINK

まとめ:ネットショップだけ商品価格を高く設定しても大丈夫!

ネットショップ, オンラインストア, 価格, 店頭販売, 価格差, 高い, BASE, STORES.jp, カラーミーショップ, 無料, クーポン, お持ち帰り

こんな感じで、ご紹介してきた2つのアイディアを使っていただければ、店頭の販売価格をそのままにしてネットショップの価格をあげても大丈夫ですし、いつも支えてくださる常連さんに、今まで通りのお得な価格で商品をご購入いただくこともできます。

気づいてしまえば「そんなことか〜」と思うアイディアですよね。

ちなみに、月額利用料が無料もしくは安価で、「クーポン発行機能」のあるネットショップサービスは、以下の3つが代表的です。ネットショップ開設検討中の方は、チェックしてみると良いと思います。初めてで売上の見込みが全く立たない方は「BASE」か「STORES.jp」あたりがおすすめです。

クーポン発行機能のあるネットショップサービス
  1. BASE公式サイト):
    初期費用・月額無料。固定費が一切かからず、リスクが全然ないので、初めての人におすすめ。無料でここまでの機能を使えるネットショップは他にありませんが、販売手数料が他ショップよりも若干高めです。
  2. STORES.jp公式サイト):
    月額980円(+税)で、全機能を使用できます。販売手数料はBASEよりも安く、クーポンもBASEよりも細かく設定できるので、固定費が余裕でペイできるなら一番おすすめ。
  3. カラーミーショップ公式サイト):
    クーポンは月額3000円(+税)のプランで使用可能。売上が安定して50万円位(/月)以上なら、カラーミー(+手数料お得プラン)がお得。それ以下ならSTORESの方が利益率が高いです。(後々、移転するのも手ですね)

今回のクライアントさんについては、引き続きネットショップのサポートをちょいちょいしていくつもりなので、問題のない範囲(守秘義務に抵触しない範囲)で、今後もノウハウなどをご紹介できたらな、と思っています!

それでは、今日も素敵な一日を!

fummy

BASE


SPONSORED LINK
SPONSORED LINK