Googleアドセンス審査一発合格!8記事、運営1ヶ月の雑記ブログが申請までに準備したことまとめ。

googleadsense, アドセンス

東京のすみっこより愛をこめて。fummyです😊💡

今回は、Webサイトを運営している方向けのお話になります。
Googleの広告配信サービスである「Google AdSense」についてです。

当ブログ(https://royal-fummy.com/)も申請をする前に、ひととおり情報収集したのですが、

「審査が厳しい」
「年々どんどん厳しくなっている」
「落とされた」

という声が、とても多くてびっくりしました。
なかには、メインで運営するブログとは別に「審査専用のブログをつくったほうがいい」という記事まであったくらいです。

Google AdSenseってそんなにハードル高いの・・・?

と、一度はひるんだものの、「審査のためだけに取りつくろうのも違うかなあ」と思い、当ブログ開設から一ヶ月で準備できたところまでで、試しにえいやと申請してみました。

その結果、申請から一日後くらいに、あっさり一発合格。

  • 開設してから一ヶ月。(短い運営期間
  • 記事数8記事。(少ない記事数
  • 毎日は更新していない。一週間くらい空いてるときもある。(低い更新頻度

という状況な上に、あまりにみなさんが「厳しい」っていうものだから、逆に好奇心がわいてきたため(これがいわゆる「オラ、わくわくすっぞ!」状態なのかも(笑))

  • 著作権保護コンテンツ(アニメの動画やマンガのコマ)の引用

などという、少々チャレンジングな実験もしています(笑)。

そんなわけで、「こんな状況でも合格したよ!」という参考になればと思い、申請したときの状況と準備したことをまとめてみました。

やることさえやっていれば、意外とありのままで大丈夫」だということが、わかっていただけると思います。
ぜひ、恐れずにどんどん申請してください!

SPONSORED LINK

Google AdSenseとは?

念のため「Google AdSenseの概要」と「2018年4月時点での審査手順」について、サラッとお話ししておきますね。

Google AdSenseの概要

Google AdSenseとは、Googleが提供している「コンテンツ連動型広告配信サービス」です。
Googleの提供する広告をWebサイトに設置して、訪問したユーザーがそれをクリックすると、サイト運営者に報酬が発生します。

いち個人が趣味で書いている小さなブログでも、広告を設置することができる」というのが、Google AdSenseのスゴイところです。

ただ、もちろんですが、このサービスを利用するには、Googleの審査を受けなければなりません。

この審査が「厳しい」と評判で、ネット上では「申請しても審査に落ちてしまった」という声をよく見かけます。

2018年4月時点での審査手順

「Google AdSense審査」の申請手順が、特にここ数年で変わっているため、わたしが申請を行った時点での手順を記載しておきます。

以下が、2018年4月時点での「Google AdSense審査」申請手順の概要です。

「Google AdSense審査」申請手順の概要
  1. Google AdSenseのサイトから、アカウント開設。(個人情報、Webサイト情報の登録)
  2. アカウント開設後、Google AdSenseの審査コードが発行されるので、それをheader.phpへ埋め込む。
  3. Google AdSenseのマイページから、審査を申請する。

かつては審査が2回おこなわれる「二段階方式」だったようですが、2018年4月時点では、手順③のあとに一度だけ審査をおこなう「一段階方式」でした。

審査自体は、おおよそ一日で完了します。

わたしの場合は、4月9日のちょうど14:00頃に申請(手順③)を行い、4月10日の15:58に、以下のような通知がきました。

申請から26時間後ですね。この通知がきた時点で、広告配信が可能となっていました!

SPONSORED LINK

Google AdSense申請までに準備したことと実験一覧

ここでは、「Google AdSense申請までに準備したこと」をリスト化しました。

また、「これをやるとAdSenseに合格できない」と、ネット上で盛んにささやかれている都市伝説的な噂に結構まどわされたので(笑)、その真偽を解明するために「実験したこと」も、一覧にしています。

準備したこと一覧

以下が、Google AdSense申請までに準備したこと一覧です。
審査対象である当ブログがWordPressで作成されているので、一部、WordPressを想定した項目になっています。

Google AdSense申請までに準備したこと一覧
  1. レンタルサーバの契約、独自ドメインの取得
  2. WordPressテーマの導入とカスタマイズ
  3. 8記事執筆
  4. プロフィール作成
  5. プライバシーポリシーのページ作成
  6. お問い合わせページの作成
  7. Google Analytics、Google Search Consoleへの登録・両者の連携

必須となるのは①〜⑥です。

⑦のGoogle Analytics、Google Search Consoleへの登録は、「アドセンス対策」としては必須ではありません!
ただ、登録した時点から、Webサイトの訪問者数などがデータとして残るので、あとで振り返るために、この段階で入れておいた方がよいと思い、「準備したこと」として項目にあげておきました。

各項目の詳細や、準備のポイントについては、のちほど詳しく記載します。

実験したこと一覧

ちまたでは「記事を毎日更新してないとダメ」だとか、「申請するには最低でも20記事以上必要」とか、「外部へのリンクが貼られているのはNG」だとか、噂がいろいろ飛び交っていますよね・・・。

その都市伝説の真相を明らかにしてみよう!せっかくなので実験も兼ねてみよう!ということで、

以下の不安要素を抱えたまま、申請してみました!(笑)

実験したこと一覧
  1. 運営期間の短いブログ(開設から一ヶ月)でも審査合格するか。
  2. 少ない記事数(8記事)でも審査合格するか。
  3. 少ないPV数(訪問者ほぼ自分だけ(笑))でも審査合格するか。
  4. 毎日記事更新してなくても大丈夫か。
  5. アフィリエイトリンクが貼ってあっても大丈夫か。
  6. 著作権保護コンテンツを引用していても大丈夫か。(引用ルールにはちゃんと則る!)

実験結果の詳細については、のちほど記載します。

やることさえやっていれば、こんな状況でも、意外と合格するものですよ。

SPONSORED LINK

Google AdSense申請までに準備したことの詳細

ここからは、実際に当ブログ(https://royal-fummy.com)を審査対象としてGoogle AdSenseを申請したときに、準備したことの詳細とポイントを記載していきたいと思います。

準備①:レンタルサーバの契約、独自ドメインの取得

WordPressで作成したブログを公開するために、レンタルサーバの契約をおこないますが、忘れてはならないのが独自ドメインの取得です。これがとても重要です。

Google AdSenseの審査基準として、独自ドメインの取得が必須となっています。

実際、申請時に審査対象のWebサイトのURLを入力するのですが、入力フォームに以下の注意書きがあり、独自ドメインのURL以外は入力できなくなっているのです。

URLにはパス(example.com/path)やサブドメイン(subdomain.example.com)を使用できません。

そのため、Google AdSense申請前に、お名前.comなどで独自ドメインを取得することになります。

独自ドメインとは、自分の好きな文字列を設定したWebサイトのURLのことです。「https://xxxxx.com」の「xxxxx.com」の部分が独自ドメインに該当します。

気をつけなければならない例は、アメブロなどの「独自ドメインに対応していない無料ブログサービス」でブログを開設した場合です。この場合は、URLが「https://ameblo.jp/xxxxx/」のようになりますが、ドメインは「ameblo.jp」です。これはユーザー独自のドメインではないため、Google AdSenseの申請ができません。

ちなみに「ameblo.jp」以下の「/xxxxx/」の部分はサブディレクトリと呼ばれ、ドメインではありません。

準備①ー1:レンタルサーバーの契約

当ブログでは、レンタルサーバーはMixHostを使用しています。

エックスサーバーとMixHostの二つが人気だったので、どちらでもよいかと軽い気持ちで決めてしまったのですが、今思うとエックスサーバーの方がよかったかな・・・と思います。

なぜなら、エックスサーバーの方がユーザー数が多くて、解説記事が多いからです。少しサーバの設定で苦労しました^^;

準備①ー2:独自ドメインの取得

お名前.comで取得しました。
「.jp」や「.net」などありましたが、「.com」に憧れがあったので「.com」を採用しました(笑)。

準備②:WordPressテーマの導入とカスタマイズ

サーバーをレンタルしてブログを始めるとなると、WordPressを導入することになると思います。
当ブログでは、OPENCAGE(オープンケージ)さんが制作されたWordPressテーマ「スワロー」を使用しています。

ささやかですが、わたしの方でもちょこちょこ「スワロー」の子テーマをカスタマイズしています。
もしも「スワロー」をお使いの方がいたら、こちらも参考になるかと思います!

SWALLOW, スワロー, Opencage, Wordpress, カスタマイズ

【WordPress】SWALLOWカスタマイズ!グローバルナビに英語サブタイトル(説明)を表示させる方法

2018年4月11日

準備③:8記事執筆

今回なぜ8記事にしたのかというと、実は「9記事でGoogle AdSense合格!」という記事を発見したからです。先人の勇気に敬意を表して、

ならば、わたしは8記事だ。

と、記録更新にチャレンジしてみたわけです(笑)。実験大好きです!

ご参考までに、「合格時に公開されていた8記事」と、「記事&ページ作成にあたって注意していたポイント」を以下に記載しておきますね。

準備③−1:AdSense合格時に公開されていた8記事

ちなみに、合格時に公開されていた記事は以下の通りです。
雑記ブログなのでジャンルはバラバラですが、Web・デザインが一応多めかな・・・。

✦Web・デザイン (Design & Coding)

グラフィック

illustrator, イラレ, おすすめ, 本, 書籍

【おすすめ入門書】Webデザイン初心者が、Illustrator習得のために一番はじめにやるべき本

2018年3月5日
グラデーション, illustrator, グラフィック, 作り方

【Illustrator】パターンで塗りつぶした背景にグラデーションをかける方法(パターンスウォッチのつくり方も!)【キラキラ模様】

2018年4月2日

コード&プログラム

MAMP, PHP, MySQL, 文字化け対策

【PHP初心者向け】MAMPでMySQLの文字コードを設定する方法(文字化け対策)【Mac】

2018年3月14日
MAMP, MySQL, 停止, コマンド

【PHP初心者向け】MAMPでMySQLだけ停止する方法【Mac】

2018年3月17日

【PHP】超優良入門書『いきなりはじめるPHP』をMAMPで完走するために知っておくべき5つのこと【Mac】

2018年3月20日

Webサイト・ブログ運営

タイトルロゴ, SVG, WordPress< ときめき

【WordPress】 ブログタイトルロゴにときめきを♡ SVG画像を使うべき4つの理由

2018年3月29日

✦ライフ (Lifestyle)

雑記・つぶやき

自己啓発, 猫, 読書, 本

読んでも意味がないって本当?自己啓発本・成功本を20冊以上読んで得られた3つのこと

2018年4月5日
マンガルー, メイドインアビス, おすすめ

【完全無料】漫画のコマ引用サービス「マンガルー」で読める!本当におすすめの漫画5選

2018年4月8日

準備③−2:記事&ページ作成にあたって注意していたポイント

2点あります。

( 1 ) リンク切れをつくらない

例えば当ブログの場合、メニューからカテゴリのページが開けるのですが、「雑記・つぶやき」を選択すると、いまは2記事表示されます。

このときに該当のカテゴリの記事が存在せず、「お探しのページが見つかりません」と表示されてしまうと、「ユーザにとって利便性の低いWebサイト」と判断され、Googleからの評価が下がるそうです。

最低でも各カテゴリに一記事は表示させるようにしましょう。
申請前にリンク切れや存在しないページがないか、一通りチェックするとよいです。

( 2 ) HTMLのマークアップをおこなう

記事の見出しを<h2>、<h3>などでくくり、訪問者だけでなく、サーチエンジンにも文章構造をわかりやすく伝えてあげましょう。

Googleからの評価が高まります。

準備④:プロフィール作成

「プロフィールなしでGoogle AdSense不合格、その後プロフィールのみ追加して合格」という事例を拝見したので、プロフィールは必須です。

とはいえ、単純に「Google AdSenseに合格するため」という目的のみであれば、そんなに力の入ったプロフィールでなくても大丈夫です。

自己分析に何日もかけ、渾身の力を込めてプロフィールページを作成する必要はありません。
「サイトの運営者とサイトの方向性が、ひと目でわかる記述が何かしら必要」と解釈しておけばよいと思います。

実際、わたしは以下の程度で合格しています。
プロフィールページはつくってません。サイドバーに表示させていただけです!

準備⑤:プライバシーポリシーのページ作成

当ブログにもプライバシーポリシーのページがあり、フッターにリンクを貼っています。

プライバシーポリシーの表示も、AdSenseで必須コンテンツとして定義づけられています。
(ちなみに、AdSenseを利用していなくても、アフィリエイトや個人情報を利用するサービスを使っている場合は、「プライバシーポリシー」のページの作成が必須です。)

「プライバシーポリシーなんて・・・いきなりそんな難しい文章かけない!」

と、最初は思いましたが、これに関しては、親切な方がネット上でフォーマットを提供してくれているので、コピペで大丈夫です。
わたしは以下の参考ページより、必要な内容をコピペして、著作権に関しての内容を書き加えて作成しました。

参考になるようでしたら、当ブログのプライバシーポリシーのページの内容をコピペしていただいても、全然大丈夫ですよ。

準備⑥:お問い合わせページの作成

これも必須です。当ブログのお問い合わせページはこんな感じです。

WordPressのプラグイン「Contact Form 7」を使うと、ものの一瞬でできます。

準備⑦:Google Analytics、Google Search Consoleへの登録・両者の連携

Google AnalyticsGoogle Search Consoleは、Google AdSense申請には必須ではありませんが、自分のサイトのデータを残しておくために、早めに登録しておいた方がよいです。

Googleアナリティクスは、Googleが提供する無料のアクセス解析ツールです。
サイトの訪問者数、PV(ページごとの見られた回数)、訪問者がどこからきたのか、パソコンで見ているのか・スマホで見ているのかなどがわかります。
このデータをもとに、よく見られている記事をリライトして充実させたり、サイトの訪問者数を増やすための対策を練ることができます。

Googleサーチコンソールは、以前はウェブマスターツールと呼ばれていたようです。
こちらもGoogleから無料で提供されているもので、登録するとサイトが Google にどのように認識されるかを確認でき、SEO対策やサイト改善へつなげられます。
ページのクリック数・クリック率、掲載順位、クエリ(ユーザーが検索時に入力する単語)などを知ることができます。

最初のうちは本当に訪問者0なので、みると悲しくなりますけどね(笑)。

SPONSORED LINK

Google AdSense申請の際に実験したことの詳細

ここからはお楽しみ(?)の実験の結果の詳細です。

おそらくGoogle AdSenseの申請をおこなうのは人生で一度きりだと思うので、試したいことは試しておきました(笑)。

というわけで一つずつ見ていきたいと思います!

実験①:運営期間の短いブログ(開設から一ヶ月)でも審査合格するか。

初めての記事投稿から、アドセンス申請までの時間軸は、こんなかんじでした。

2018年 3月 5日 初めての記事を投稿。
2018年 4月 9日 ちょうど14時頃にGoogle AdSenseの申請を実施。
2018年 4月10日 15時58分に合格通知を受領。

運営期間が一ヶ月程度というのは、実は割と余裕だと思います。
一ヶ月で合格!という方は結構見かけますので。

感触的には「3週間くらいでもいけそう」だと思います。
どなたかに実験していただきたいです・・・!

実験②:少ない記事数(8記事)でも審査合格するか。

8記事で無事に合格しましたので、ちまたで言われている20記事以上とか10記事以上というのは都市伝説ということが証明されました。

ただし、文字数は多めなので、そこは評価されている可能性はあります。

フミラボの投稿記事一覧(3/5〜4/8)
記事名 投稿日 文字数
未経験者が独学でイラレを習得するために一番はじめにやるべき本『Illustrator Japan Method』 3/5 6078文字
【PHP初心者向け】MAMPでMySQLの文字コードを設定する方法(文字化け対策)【Mac】 3/14 7189文字
【PHP初心者向け】MAMPでMySQLだけ停止する方法【Mac】 3/17 2578文字
【PHP】超優良入門書『いきなりはじめるPHP』をMAMPで完走するために知っておくべき5つのこと【Mac】 3/20 8110文字
【WordPress】 ブログタイトルロゴにときめきを♡ SVGをオススメする4つの理由とWordPressでSVGを有効にする方法 3/29 5704文字
【Illustrator】パターンで塗りつぶした背景にグラデーションをかける方法(パターンスウォッチのつくり方も!)【キラキラ模様】 4/2 5040文字
読んでも意味がないって本当?自己啓発本・成功本を20冊以上読んで得られた3つのこと 4/5 3938文字
【完全無料】漫画のコマ引用サービス「マンガルー」で読める!本当におすすめの漫画5選 4/8 5261文字

トータル43898文字です。

ちなみに、たまにリライトしているので、文字数には変動があります。
申請当時の文字数として、ご参考までに!

実験③:少ないPV数(訪問者ほぼ自分だけ(笑))でも審査合格するか。

申請時は、1日1〜2PVでした

別端末でブログの表示確認をおこなったりもしているので、ほぼ100%、訪問者は自分のみです(笑)。

とてもさびしい状態ですが、これで無事に合格しています。
ですので、「◯◯PV以上ないとAdSense不合格」というのは都市伝説だと自信をもって言い切れます!

実験④:毎日記事を更新してなくても大丈夫か。

「申請までは毎日更新してください」、「申請してからも合格するまでは毎日更新してください」という記述を結構見かけますが、わたしは遅筆なので無理でした。

再びこの表を貼りますが、毎日どころか、一週間以上空いていることもあります。
(下記の表で、投稿の間隔が一週間以上空いているところにピンクで印をつけました。)

フミラボの投稿記事一覧(3/5〜4/8)
記事名 投稿日 文字数
未経験者が独学でイラレを習得するために一番はじめにやるべき本『Illustrator Japan Method』 3/5 6078文字
【PHP初心者向け】MAMPでMySQLの文字コードを設定する方法(文字化け対策)【Mac】 3/14 7189文字
【PHP初心者向け】MAMPでMySQLだけ停止する方法【Mac】 3/17 2578文字
【PHP】超優良入門書『いきなりはじめるPHP』をMAMPで完走するために知っておくべき5つのこと【Mac】 3/20 8110文字
【WordPress】 ブログタイトルロゴにときめきを♡ SVGをオススメする4つの理由とWordPressでSVGを有効にする方法 3/29 5704文字
【Illustrator】パターンで塗りつぶした背景にグラデーションをかける方法(パターンスウォッチのつくり方も!)【キラキラ模様】 4/2 5040文字
読んでも意味がないって本当?自己啓発本・成功本を20冊以上読んで得られた3つのこと 4/5 3938文字
【完全無料】漫画のコマ引用サービス「マンガルー」で読める!本当におすすめの漫画5選 4/8 5261文字

申請直前の4/2〜4/8の間は、3日に1記事更新して、放置してない感を出そうとしてます(笑)。
気をつけていたのはそれくらいですが、それでも無事、合格できました。

実験⑤:アフィリエイトリンクが貼ってあっても大丈夫か。

これはちょっとした挑戦でした。

「Google AdSense的には、できる限りアドセンスの提供する広告を訪問者にクリックしてほしい」。つまり、他にクリック対象があると邪魔なので、「申請時には外部リンクやアフィリエイトリンクはない方がいい」という見解をのせている記事があったのです。(というか、それが定説のようです)

アフィリエイトに悪いイメージを抱く人もいるかもしれませんが、アフィリエイトリンクが貼れるからこそ、著作権を気にせず本の表紙などが紹介できるという面もあるので、アフィリエイトができないと困るわけです。

それに申請時に取りつくろったところで、GoogleがAdSense審査合格後にも定期的にWebサイトを調査して再評価することもわかっていたので、アフィリエイトリンクもバリバリ貼った状態で審査に挑みました。

こちらの記事がその典型です。決してケンカ売ってるわけじゃありません!

マンガルー, メイドインアビス, おすすめ

【完全無料】漫画のコマ引用サービス「マンガルー」で読める!本当におすすめの漫画5選

2018年4月8日

結果は、めでたく合格!

みなさん、ありのままで大丈夫ですよ!

実験⑥:著作権保護コンテンツを引用していても大丈夫か。

これも、アドセンスの審査時点では、「画像使ってはいけない」とか、「漫画とかゲームとかアニメの画像や動画の引用なんて言語道断」というのが定説のようなのですが、、、

マンガルー, メイドインアビス, おすすめ

【完全無料】漫画のコマ引用サービス「マンガルー」で読める!本当におすすめの漫画5選

2018年4月8日

この記事にあるように、マンガルーからのコマ引用は議論にならないとしても、Youtubeの動画も引用してますからね。

それでも無事に合格です。ありのままです!

無断転載と引用は似て非なるもので、適切な引用なら無断でしてもよいと著作権法も認めているわけですから、ルールに則って誠意をもって堂々と引用すればいいんじゃないかと思ったのです。

著作権については、必要なことは、こちらの本にかなり具体的に書いてありました。特にクリエイターは一読するとよいと思います。ご自分の著作物を守ることにもつながりますので。

SPONSORED LINK

おわりに

googleadsense, アドセンス

ちまたでGoogle AdSenseが厳しいとさんざん言われていたので、少々疑問を呈してみました。

この記事を読んでくださったあなたの不安が、少しでも解消できればいいなと思っています。
幸運を祈っております!

それでは、今日も素敵な一日を!

fummy

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK