英語多読って効果あるの?12万語を達成した時にできるようになったこと。

東京のすみっこより愛をこめて。fummyです😊💡

英語多読、楽しんでいますか?
わたしも、100万語達成を目指して、多読を今まさに進めているところです^^
英語多読100万語までのロードマップはこちらを参照ください)

たぶん多読をこれから始めようとしている方、始めたばかりの方は特に「英語多読をどのくらいしたら何がどれだけできるようになるのか」気になりますよね。ちょうどここに、今まさに多読を進めている被験体がいますので(笑)、このブログで記録をつけて検証しています。

英語多読, 効果, 12万語, 100万語, リーディング, スピーキング

そして、目標読書量を達成するごとに、どのくらい英語力(リーディング力、リスニング力、スピーキング力)が向上したかを、「経過報告」という形で順次ご報告しています!(※ライティングは普段やっていないので省略します)

目標読書量(マイルストーン)
  • レベル0:3万語
  • レベル1:累計12万語( + 9万語)
  • レベル2:累計47万語( + 35万語)
  • レベル3:累計100万語( + 53万語)

今回は、レベル1の累計12万語を達成したので、効果をご報告したいと思います。

前回の3万語から、追加で9万語を読んだだけあって、明らかに「おおっ!!」と思うこと、つまり成長を感じられることがありました。どうぞお楽しみに!!

多読を始めたばかりの方、いままさに進めている方の励みになれば嬉しいです!
一緒にがんばりましょう^^

目標読書量のマイルストーンは、英語多読研究会が、「英語初級・中級者に対するSSS英語学習法の多読法」として提案している多読の進め方を参考にして、各レベル(YL = Yomiyasusa Level)ごとに決めました!

SPONSORED LINK

英語多読「累計12万語(レベル1)達成」までにやったこと

レベル0(YL0.0〜0.9)の洋書を3万語読んだときにできるようになったことなどは、前回の記事を参照していただければと思います。

今回は「累計12万語」から前回の3万語を差し引き、レベル1(YL1.0〜1.9)の洋書を9万語読んだ時にやったこと、できるようになったことを書いていきます!

累計12万語(レベル1)達成までに具体的に読んだもの

英語学習者向けの洋書(Graded Readers)のシリーズの一つである、「Macmillan Readers(マクミランリーダーズ)」のレベル2(Beginner)の本を読みました。このシリーズだけで9万語です。

  1. Macmillan Readers(マクミランリーダーズ)のLevel 2」32ページのもの(MMR2)を12冊(2万8739語)
  2. Macmillan Readers(マクミランリーダーズ)のLevel 2」64ページのもの(MMR2+)を8〜9冊(6万1261語以上)

具体的には、以下の記事(#01)で紹介している12冊は全部読みます。合計で2万8739語。

それに加えて、以下の記事(#02〜#04)で紹介している本の中から8〜9冊を選んで、残りの6万1261語を読みます。

合計20冊ちょっと読むと9万語になります。

SPONSORED LINK

英語多読12万語達成後の効果:リーディング力

今回はほぼマクミランリーダーズのレベル2(Beginner)の本しか読んでいません。こんな雰囲気で、基本語彙600語、1冊の総語数6000語〜10000語、全部で64ページ程度の本をずっと読んでいます。

マクミランリーダーズ, macmillan readers, レベル2, Beginner,, level2

Mark Twain Adventures of Huckleberry Finn, Macmillan Education, 2005, pp.4-5, 10-11.

これを1ページ平均2〜3分くらいで読んでいますが、もう楽に読めますね。

マクミランリーダーズのレベル2を読み始めた頃(3万語達成くらい)は、集中しないと読めなかったし、読むと結構疲れていたのですが、最近は読むのが楽です。寝る前の気分転換とか、柔軟体操をしながらマンガの代わりに読んでたりします(笑)。

いまはこのレベルが当たり前になってしまっていますが、多読を始めたばかりの頃は、基本語彙300語、1冊の総語数500〜1000語程度、全部で16ページくらいしかないマクミランリーダーズのレベル1(Starter)すら読みづらかった(長時間読むのはしんどかった)ので、そう思うとすごい成長を遂げていますね・・・。いまなら瞬殺できますね(笑)。

というか、やっぱりマクミランリーダーズを選んだのは正解だったな、という感じです。

古典のリトールドもの(retold)がものすごく面白いんですよね。
マーク・トゥエインとかオー・ヘンリーとかデュマとかディケンズとか。原作がおもしろくてストーリーの筋がしっかりしているから、簡単な英語に直されてても楽しいんです。続きが気になってどんどん読めてしまいますし、時には感動してじわっときたりもします!

番外編:12万語レベル(YL1.0〜1.9)でのおすすめの洋書

YL1.0〜1.9のレベルで読める洋書だと『ハックルベリー・フィンの冒険』は本当におもしろかったです。人類史に残る名作です。いずれは原書を読めるようになりたいです・・・!

番外編:『ハリー・ポッター』の原書について(お詫び)

わたしの英語多読のゴールの一つは、「『ハリー・ポッター』の原書を辞書なしで楽しんで読めるようになること」です。なので、3万語達成の記事には、『ハリー・ポッター』が少し楽に読めるようになったことを書きましたし、今後も『ハリー・ポッター』がどれだけ読めるようになったかその都度報告していくようなことを匂わせてしまったのですが・・・。

今回は「12万語の時点ではまだ『ハリー・ポッター』の原書は歯が立たない」と言うにとどめさせてください。すみません・・・!

というのも、確かに表現が簡単なところは、3万語の頃よりは明らかに読みやすくなったしスピードも上がっているのですが、まだまだわからない単語が多いです。辞書なしでは読めないため、単語をメモしながらだと「1ページあたり1時間」とかになっちゃうので、数値的に比較していくのが難しいんですよね。

うーん、早く読めるようになりたーい!

SPONSORED LINK

英語多読12万語達成後の効果:リスニング力

リスニングについては、多読では特別鍛えていません。ただし、マクミランリーダーズのレベル2(Beginner)は、6割くらいの本がCD付きなので、CDが付いているものに関しては、必ず一度は通して聞くようにしています。

リスニングはトレーニングをしていないので、現時点では、あくまで「英語字幕付きの動画を見て、セリフの早さで字幕を追って意味が理解できること」を目標にしています。

「RWBY」は太刀打ちできない(笑)

3万語の時に引き続きRWBYなのですが、目標をRWBYにしてしまったのはちょっと失敗だったかなと思っています(笑)。

アニメなのでセリフははっきりしているけれど、語彙が容赦なく難しいし、話すのが早いですよね。この後、めちゃくちゃ早口の先生が出てくるしなー(笑)。現時点では絶対無理(笑)。

確かに、3万語の時点よりは知っている単語も増えたし、セリフの早さに付いていける部分も増えたのですが、数値化できるほど増えてないです。まだ全然付いていけないですよ・・・(T_T)。

「TEDのスピーチ」なら英語字幕ありで95%くらい理解できる

TEDのスピーチの方がよっぽど付いていけます。RWBYに比べたら単語もやさしめだし、話すスピードもずっとゆっくりなので。

例えばこの動画は「どんな外国語でも半年でマスターしてしまう方法」というスピーチです。これだったら、英語字幕有りで概ね95%は付いていけています。

SPONSORED LINK

英語多読12万語達成後の効果:スピーキング力

これが全く予期していなかったのですが、簡単な英語が口から出てくるようになりました。

3万語達成のときの記事にも書いたのですが、わたしは、英語多読を始める前に、オンライン英会話を一ヶ月ほどやってみたことがあります。だけど、本当に全然話せなくて、先生の質問にたまに「Yes」とか「No」で反応しながら愛想笑いでやり過ごしているのがすごく苦痛で、一ヶ月で休会してしまったんです。

で、3万語を達成した時点でも、まだ話せる感覚はなかったので、英会話は継続してお休みをし、このまま永久に休会するかとも思われたのですが・・・(笑)

なんだか累計10万語を超えたあたりから「英語が馴染んできた感じ」があったんですよね。それで、一ヶ月だけ再開してみました。そうしたら、例えば、

I sent you a message. Then you replied so soon! So I was very surprised!
(メッセージを送ったら、すぐに返事が返ってきたから、めちゃくちゃびっくりしたよ〜)

みたいなことがポンポンポンと出てきて。

英語ができる方にとってはなんでもないかもしれませんが、こういう「なんでもないこと」が全然言えなかったんですよ。言えたとしても最初の一文が精一杯で、続きの文章を頭の中で構築してたら時間がかかって、言うタイミングを逃したり、全然会話が続かなかった。

確かに、マクミランリーダーズのレベル1〜2には、上記のようなレベルの文章や単語が死ぬほど出てくるので、自然と馴染んだんでしょうね。先生にも「あなたの英語は簡潔でわかりやすい」って言ってもらえて、びっくりしました。全く喋れなかったのに。

参考:オンライン英会話でのスピーキングテストの結果

一応数値的にも成果をお見せできないかな、と思って、2つのオンライン英会話でスピーキングテストを受けてみました。かなり妥当な結果でした。というか、半年前は「英会話力ゼロ」だったのが、いまや「中級」ですよ・・・!震えが止まりません・・・!

以下の記事で、無料体験でスピーキングテストを受けたときの結果を載せています。

スピーキングテストを受けた時点では、英語多読は累計20万語を達成していたので、12万語の時よりも多少は英語が出やすくなっていたと思います。なので、厳密にいうと12万語時点での効果ではないのですが、次のご報告(累計47万語)まで時間があく予定なので、今回は多めにみてやってください・・・!

なんだか成長が実感できて嬉しくて欲が出てきたので、オンライン英会話も再開しました!(笑)

SPONSORED LINK

まとめ:英語多読で、スピーキング力も上がる(予想外)

英語多読, 効果, 12万語, 100万語, リーディング, スピーキング

英語多読は、古典のretoldものに入ってから一気に面白くなって、どんどん楽しくなってきました!

さらに、個人的にはスピーキング力が伸びたことがとても意外でした。本当に嬉しかったです。最初に「英会話力ゼロ」という現実に打ちひしがれただけに、余計に今ものすごくモチベーションが上がっています!(笑)

いま思うと、多読を始める前に、「I’m fine」と「Yes」と「No」くらいしか話せないような状態で英会話をやっておいてよかったと心から思います。「やっぱりわたし英語できないんだ」と実感して絶望したからこそ、「ゼロから英語を習得しよう」と奮起したというのがかなりあります。「悔しさはバネ」というのは真理ですね。

休会していたオンライン英会話も再開したので、これからも進化の過程をお伝えしていけたらと思っております。(がんばる・・・!)

この記事で、あなたに英語上達の希望を与えられたとしたら、とても嬉しいです。
次は累計47万語を目指して頑張っていきます!!

それでは、今日も素敵な一日を!

fummy

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK