【50記事達成】月間2万PV、運営1年の雑記ブログの収益など!コツコツ続けると、いいことがあるよというお話。

東京のすみっこより愛をこめて。fummyです😊💡

今回は、ブログやWebサイトを運営している方向けの記事です。

早いもので、当ブログ「フミラボ(fummy’s lab.)」を開設してから、ちょうど1年が経ちました。1年で記事数も50記事となり、いまでは月間アクセス数2万PVのブログとなりました!

いままで全く想像していなかったくらい多くの方に読んでいたけるようになり、さらには、ささやかだけれど心強い収入が、ブログから得られるようになっていました。

亀の歩みのようなペースだけれど、続けてきてよかったな〜と、ジ〜ンとしたので、今回、1年の振り返りも兼ねて、「開設から1年間の当ブログのPV数や収益のデータ」を公開します。

マイペースブログでも、コツコツ続けていると、気づいたらいいことがあるよ!」というサンプルになるのではないかと思います^^

フミラボ, ブログ, 2万PV, 運営1年, 50記事, コツコツ, 続ける, 収益, 月間PV数, 月収, アフィリエイト, Google Adsense

また、少しブログが成長してくると、

自分のブログって、ブログ業界全体から見て、
客観的にどのくらいのレベルなんだろう?

と、ちょっと気になってきませんか。

わたしは気になってしまいました(笑)。なので、市場調査を参考にして、当ブログがブログ業界でどのくらいの位置にあるのかという市場地位を確認してみました!

そんなわけで、この記事は、

  1. 当ブログの「月間PV数(2万PV)」と「そのPVはブログ業界で上位何%なのか?
  2. 当ブログの「月間収益] と「その収益がアフィリエイト業界で上位何%なのか?
  3. 1年で痛感した「雑記ブログがアクセスアップのためにやるべき3つのこと

の三本立てでお送りします。

ブログを運営している方向け(特に始めて間もない方向け)の、少々ニッチな記事ですが、読んでいただけると、「月間2万PVのブログって客観的にこのくらいのレベルなのか〜」と、イメージがわくと思います^^

また、「アクセスアップののためにやるべき3つのこと」も、1年間のデータに基づいた施策なので、かなり具体的に書いています。参考になるところがあったら、ご自身のブログの成長のために、取り入れていただければと思います!

SPONSORED LINK

運営1年、50記事の雑記ブログの基本情報

フミラボ, ブログ, 2万PV, 運営1年, 50記事, コツコツ, 続ける

50記事達成時点での「フミラボ」(記念撮影!)

「フミラボ 」の基本情報
  • ジャンル: 雑記(英語、本の感想、Webデザインネタが多め)
  • 運営期間: 1年(開設は2018年3月)
  • 記事数  : 50  (2019年3月時点)
  • CMS     : WordPress(ブログテーマは「SWALLOW」)
  • 流入元  : 検索エンジンからが99%

当ブログは、ネット上のコミュニティなどからの流入のない天涯孤独運営のブログです(笑)。

無料ブログではなく最初からWordpressで始めたというところと、SNS連携していないので「流入元がほぼGoogleなどの検索エンジン」というのがポイント。

それでも最近は、ブログ・noteへの記事の引用SNSでの記事のシェアをしてくださる方もいらっしゃり、本当にありがとうございます。うちの子も人様のお役に立てるようになったんだなあと、感無量です…!

サイトのドメインを強くする(被リンクを自前で作る)ためなどに、SNSが有効なのは知ってはいるのですが、現時点ではSNSとブログの連携は見送りです。時がきたら連携する予定です。

SPONSORED LINK

運営1年、50記事の雑記ブログの「月間PV数」と「ブログレベル」は?

フミラボ, ブログ, 2万PV, 運営1年, 50記事, コツコツ, 続ける, 収益, 月間PV数, 月収, アフィリエイト, Google Adsense

ここからは、当ブログの運営1年時点での

月間PV数
ブログ業界で当ブログがどのくらいの位置にいるのか

を、詳しくみていきたいと思います!

アクセス数は月間2万PV!

「フミラボ」の月間PV数
  • 月間PV数: 2万PV(3/28時点:2万1000PV以上)
  • 1日のPV数: 600〜800PVの間(3/28時点:平均740PV以上)

3月のPVは現時点(3/28時点)で2万PVに到達しています。
1日のアクセス数は、600〜800PVの間です。

当ブログのPV数の推移は?

フミラボ, ブログ, 2万PV, 運営1年, 50記事, コツコツ, 続ける, 収益, 月間PV数

当ブログは、2019年3月に記事数が50となり、月間2万PVに到達しました。

グラフを見ていただければわかるかと思いますが、PV数が伸びたのは、本当にここ2〜3ヶ月のことです。

「30記事達成」の時点ではブログ運営8ヶ月で月間3000PV(1日100PV)程度でした。それが運営10ヶ月で月間1万PVを達成。そして、現在(運営13ヶ月目)は月間2万PVに到達していました。

月間3000PVのときから月間2万PVになるまでの4ヶ月に書いた記事数は20記事です。

平均で毎月5記事書いた程度なので、本当にマイペース更新だったのですが、結果としては毎月5000PVずつくらい増えていきました。この要因は、おそらく、いくつかの記事で被リンクをいただけたため、当ブログのドメインパワーが強くなってきたのだと思います。

2万PVってどのくらい?

ここは少し余談です(笑)。「2万PVってどのくらい?」とイメージが湧かなかったので調べてみたら、横浜スタジアムの収容人数が、内野席で2万1854人だそうですね。野球観戦はしたことはありませんが、ポルノグラフィティのライブで行ったことがありますよ!

あの開けっぴろげで広大な球場を埋め尽くしていた観客たち。その3分の2の人たちが、昭仁さんではなくて、わたしのたわ言を一心に聞いてくれているとしたら・・・ や ば い 。(動揺)

嬉しい反面、とても小心者なので、想像したら押入れに引きこもりたくなりました。でも、ブログを運営していると、徐々に麻痺してくるというのも事実。このまま精神を鍛えます!

レベルはノービス(中級層)。ブログ業界では上位3%!

さて、話を戻しまして。
イメージだけすると月間2万PVは「多そう」に感じるものの、じゃあ「月間2万PVのブログって、ブログの世界ではどのくらいのレベルなの?」って気になりませんか。

「おぬしは必要以上にうろたえておるようであるが、
  月間2万PVなど  ブログ界ではミジンコレベル  よ・・・」(by ブログ界の神)

なんて、神に言われてしまうかもしれない・・・。(神?)

というわけで、当ブログの市場地位を調査してみました!

「ブロガー番付」でみる当ブログのレベルは「ノービス(中級層)」

ブログのレベルについては、「ブログ部」のサンツォさんの記事が参考になります。

ちなみに、サンツォさんはブログ歴5年の、おそらく大御所の方です。うっかり関連記事を読みだしたらおもしろすぎて止まらなくなるという罠にハマったので、寝る前の方は、参照元のリンクをクリックしないほうがいいですよ(笑)。

今回引用する記事は、「月間pv数でみるブロガーレベルとそのブログ収入」というテーマで書かれていて、そこに登場する「月間pv数ごとに全10段階でレベル分け」した表がとてもわかりやすいです。

わたし自身も1年間ブログを育ててきて、「確かにこの分類は正しそうだ」と、身をもって実感できるようになったので、引用します!

フミラボ」は、2万PV(デイリー600〜800PV)なので、「ノービス(中級層)」です。

ノービスの説明は以下です。

デイリー300〜500pvと言うレベルに達すると完全に初心者を卒業し、中級層に突入します。

ここまでたどり着ければ、伸びる要素は充分です。あとは色々と勉強し、試行錯誤しながらpvを伸ばしていきましょう。

ブログ部「PV数でわかるブロガー番付|あなたのブログはどのレベル?」より。

完全に初心者気分だったのですが、
当ブログは初心者はすでに卒業しているようです。(驚愕)

当ブログのブログランク
月間2万PVのブログのブログランクは、ノービス(中級層)

ブログ業界での当ブログの位置は上位3.3%

当ブログが「ノービス(中級層)」だということがわかったのですが、じゃあ「ノービスレベル以上のブログって世の中にどのくらいあるの?」という疑問はまだ解消できていません。

というわけで、別のデータを参照します!

リサーチバンクが行なった2013年のブログに関する調査です。
6年前の古い記事なのですが、有効回答が6566件対象者が10代から60代の全国男女という規模で行われた調査は、これ以降、現時点では見つかりません。(なので、このデータがいまだに各所でよく引用されています。)

わかりやすいようにで囲いました。驚くことに、ブログ業界では、デイリー500PVを超えると上位3.3%に入ってしまうようです。

・・・本当に?

上位3.3%なんて言われたら、当ブログがすごい希少性高いブログみたいに感じてしまいますよ!(震)でもよく考えたら、100人に3人・・・クラスで1〜2人か・・・って考えるとそんなものかもしれませんね。

にわかには信じられませんが、確かにブログを始めても数ヶ月ですぐに辞めてしまったり、SEOを特に意識しない日記的・備忘録的なブログをやっている人も多いことは想像できます。まとまったアクセス数を集めるブログは、割合的にはそう多くないのかもしれませんね。

現にわたしも、最初に10記事くらい書いたあと、力尽きて5ヶ月くらい放置しましたし。(笑)

ただ、現在は、2013年の頃と比較にならないくらい、無料で良質なブログ運営のノウハウも、良質な書籍も大量にあると考えられます。なので、デイリー500PV(月間1万5000PV)を超えるブログは、実際は3.3%よりも多いのではないかと思っています。

当ブログのブログ業界における地位
月間2万PVのブログのブログ業界での地位は、上位3.3%

SPONSORED LINK

月間2万PVの雑記ブログの「収益」と「アフィリエイト業界での地位」は?

身もふたもなく結論から言います!

真っさらな状態からブログを始めてちょうど12ヶ月目の、先月(2019年2月)の当ブログの収益は、アドセンスとアフィリの合計で「1万8000円くらい」でした。(もちろんですが、発生ではなく「確定」です!)

収益は月額1万円〜2万円

参考までに、2月(先月)の当ブログの収益の内訳を公開します。
アドセンス・アフィリを合わせた、確定額(実際に振り込まれる金額)が1万8000円くらいでした。

2019年2月の収益内訳
  1. Googleアドセンス: 5000〜6000円の間
  2. アフィリエイト   : 1万3000円くらい

当ブログは、ものすごいマイペース更新の趣味ブログです。

なので、正直、運営1年で月収1万円を超えると思っていませんでした。
かなりびっくりしています。もしもブログが月に「2000〜3000円」くらいを生み出してくれるようになったら「サーバー代+@」になるから嬉しいなあ〜というレベルの、ゆるい気持ちでした。

ちなみにPV数もブログ収入も、現時点で増加傾向にあります。

今月(3月)については、Googleアドセンスだけでもすでに振込最低基準額(8000円)を超えました(初めて超えました!)し、アフィリの発生額も、先月(2月)よりも多いです。

月収2万円は「調子が良ければ」という感じですが、月収1万円は「安定している」と言えそうなかんじです。

当ブログの月収の推移は?

フミラボ, ブログ, 2万PV, 運営1年, 50記事, コツコツ, 続ける, 収益, 月間, 月収, アフィリエイト, Google Adsense

グラフを見ていただくとわかりますが、当ブログは、運営11ヶ月目の2019年1月に月収1万円を超え、運営12ヶ月目の2019年2月には、月収1万8000円に達しました。

特筆すべきは、先月(2月)はアフィリ収入だけで1万円を超えていることです。

GoogleアドセンスはPV数でだいたい上限が見えてきてしまうのですが、アフィリはある程度のPV数があればかなり伸びる可能性があるというのがわかります。

しかもここまで月収で語ってきましたが、ブログを始めてから12ヶ月間の収益合計は、なんだかんだで「4万4000円」です。知ってます?これだけあったら「PS4 Pro 1TB」が買えちゃうってこと!(←今年買ったので、記憶が新しい。笑)

ブログ飯」とまでは全然いきませんが、本業の他にこれだけの副収入があるのは、かなり心強く、ありがたいです。

というかこの現実を見たら、本の感想ばかり書いてないで、ちょっと真面目にアフィリやった方がいいんじゃないの?と、思い始めました。まあでも、本の感想は楽しいから書いちゃうんですよね(笑)。なので、本の感想は書くとして、アフィリも真面目に勉強しようと思いました!

利用しているASPは?

ちなみにわたしは、以下のASPを利用しています。
気が向いたときにペタペタと貼っているくらいなのですが、積もると山となることが実証されましたね。

主に利用しているASP
  1. A8.net: メイン。相性のいい案件多数。
  2. もしもアフィリエイト: Amazon、楽天はここ。本家よりも審査がゆるいです。
  3. バリューコマース: Yahoo!ショッピングはここがお得。
  4. スマートC     : ゲーム、漫画、その他スマホアプリ系。
  5. Zucks Affiliate: ゲーム、漫画、その他スマホアプリ系。

いい機会なので、今回新たに、有名どころの「afb(アフィb)」にも登録してみました!(まだ登録してなかったんかい!と、つっこまれそう)

というわけで、まとめると、
当ブログの収益については、今のところ、以下のような感じだと思います。

月間2万PVの雑記ブログの収益
  • 開設から12ヶ月目に月収1万8000円くらいに到達。増加傾向。
  • 開設から12ヶ月間のブログ収入は合計4万4000円
  • 今後は月収1万円くらいはおおむね安定しそう。

月収1万円以上はアフィリエイト業界では上位47.3%

それでは、当ブログの収益は、アフィリエイト業界ではどのくらいの位置なのでしょうか。

アフィリエイトマーケティング協会が、ここ12年にわたって、毎年現役アフィリエイターを対象に、「アフィリエイト・プログラムに関する意識調査」を実施しています。

今回は、こちらの2018年のデータを参考にしたいと思います!
調査期間は2018年3月3日~2018年3月10日の1週間で、有効回答は2450件です。

アフィリエイトマーケティング協会, 市場調査, 2018年

アフィリエイトマーケティング協会「アフィリエイトプログラムに関する意識調査<2018年>」より。

こちらは「アフィリエイトによる」ひと月の月収なので、Googleアドセンスは含みません。そうなると、当ブログの先月(2019年2月)のアフィリエイトだけの収益が1万3000円くらいだったので、「1万円以上3万円未満」が該当します。

赤枠で囲った部分は月収1万円以上の方々です。

47.3%、すなわち半数近くがアフィリエイトでひと月に1万円以上の収入を得ているということがわかります。想像よりも多かったです。

アフィリエイトは必ず成果がでる?

アフィリエイターの半数近くが月収1万円以上だということはわかりましたが、一方で「収入がない」と「1000円未満」と回答した方を足すと、37.8%になるのも見過ごせません。アフィリエイターの4割近くが収入をほとんど得られていないという厳しい現実もみられるということです。

ただし、同じ資料に、回答者の37.4%が「アフィリエイトを始めて1年未満」だというデータが載っています。ですので、収入を得られていない人は、「アフィリ歴1年未満」で経験が少ない可能性があります。

当ブログも開設から9ヶ月はアフィリエイトの収入は月収数百円だったので、素人の場合は、コツコツ続けて1年くらい経つとだんだん成果が現れ始めるという感じなのではないでしょうか。(※予測です)

当ブログのアフィリエイト業界における地位
アフィリ収入月間1万円以上」のブログのアフィリ業界での地位は、上位47.3%

SPONSORED LINK

雑記ブログがアクセスアップのためにするべき3つのこと

ここまで見ていただいたように、運営1年のタイミングで振り返りを行なったことで、この1年に蓄積されたデータ反省点がいろいろと見えてきました。その反省点を活かして、ここからは、ちょっとだけ野心をもっていきたいと思います!

まずは月間3万PVを達成し、ゆくゆくは月間10万PVにまで当雑記ブログを育てたい! そのための施策を、3つにしぼって実施していくつもりです。

良質なコンテンツこそが正義!

雑記ブログがアクセスアップのための施策をみる前に、前提として、以下のゆるぎない教訓があります。

良質なコンテンツを提供しさえすれば、
  アクセス数は自然とついてくるものだ

綺麗事のように思われるかもしれませんが、ちゃんとデータとしても現れているんです。

この1年のデータをみると、当ブログで安定したアクセスを集めていたり、アフィリ収入が発生している記事って、「実は書くのが面倒な部分もあったけれど、諦めずに工夫したり気を使って書いた記事」ばかりなんですよね。

「これでいいや」って出してしまった記事は、何も起こっていません(笑)。

やっぱり心を込めたら伝わる。それが正義!

というわけで、我ら「雑記ブログ」が進むべき道が見えましたね。それはコンテンツ主義です。ですが、「良質なコンテンツ」と一言で言っても、ずいぶんとふんわりしていますよね。「良質なコンテンツって何?」という疑問が当然浮かびます。

良質なコンテンツに必要不可欠な3つの要素

わたしとしては、この1年のブログ運営を通じて、以下の3要素を持っているコンテンツが、「ユーザーにとっての良質なコンテンツ」だと感じています。

良質なコンテンツの3要素
  1. 求めている情報がある
  2. 情報が信頼できる
  3. 情報が理解しやすい

このそれぞれを満たすための施策が、合計で3つあります!

【施策1】アクセスの集まりやすいタイプの記事を書く

良質なコンテンツの3要素①
  • 求めている情報がある

まずは「良質なコンテンツの3要素」のひとつ目ですが、ユーザーに「求めている情報がある」と感じてもらうには、単純に「アクセスの集まりやすいタイプの記事」を書くことです。それこそが、多くのユーザーが必要としている、知りたいと思っている情報だから。

当ブログでも、デイリー10PV〜100PV以上安定してアクセスがあるのは以下のタイプの記事です。

アクセスの集まりやすいタイプの記事
  • ノウハウ
  • 体験
  • 専門的なことをわかりやすく説明

具体例としては、こんな記事です。

ノウハウ系の記事

こういったノウハウ系の記事は、アクセスが集まるのはもちろん、この記事を見ながら作業することもあるので、ページ滞在時間も増えます。また、作業を一旦中断して、作業再開の時に再訪問してしてくれりしますね。

ちなみに、当時オピニオン記事のつもりで書いたGoogleアドセンスの記事を、とてもたくさんの方が参考にしてくださっていて、本当にこれは予想外でした。

当時は根拠のない情報が多すぎて、ついカッとなっていろいろ実験してしまったんですよね(笑)。でもそのおかげで、当時言われていた都市伝説がだいたい嘘だったことが判明しました。Googleアドセンス申請を検討されている方は、一読すると安心すると思いますよ!

体験系の記事

「これをやったらどうなるの?」はやっぱりみんな気になるところ。

「英語の本3万語読んだらどうなるの?」とか「TOEIC800点とったらどうなるの?」とか。「スクワットを1日100回やったら1ヶ月で痩せるの?」とかもそうです。(スクワットは、いま思いついただけです。笑)

ちなみに、「1年間ブログ運営したらどうなるの?」とか、「ブログを50記事書いたらどうなるの?」に答えるのが、まさにいま読んでいただいているこの記事です。早速、施策を実践しています!

専門的なことをわかりやすく説明する記事

上記の2タイプと比べるとPV数は少なめですが、安定しているので、「シリーズ化したら伸びる」というポテンシャルは感じています。

たぶん、アクセスの集まる記事のタイプは他にもあるのでしょうが、当ブログを1年間運営していて、蓄積したデータから読み取れるものは、主にこの3タイプでした。

良質なコンテンツをつくるための施策①
  • ユーザーが求めている情報を用意する。
  • 具体的には、ノウハウ・体験・専門知識のわかりやすい説明といったタイプの記事を書く。

まずは記事単体で「ユーザーが求めている情報」を書くことを意識することが重要、というのがここまでのお話です。

そして、その情報に信頼性があると思ってもらえるようにすることが、次の施策です。

【施策2】メインジャンルを3つ程度にしぼり、各ジャンル20記事ずつを目安に投入する

良質なコンテンツの3要素②
  • 情報が信頼できる

「情報が信頼できる」とは、なんでしょうか。
ブログで言えば「書き手や記事の専門性の高さが明らかである」ことだといえます。

ユーザーは何か疑問を解決したいと思って検索をしていて、その答えは「できるだけ詳しそうな人・得意そうな人」、できれば「専門家」に聞きたいと思っています。

Webサイトに訪れて、一目で「このサイトは〇〇の専門だ!」とわかれば、ユーザーは安心しますよね。しかし、雑記ブログは専門性が弱点です。

そもそも書きたいジャンルがたくさんあって絞れないからこそ雑記ブログをやっているのですから、何も考えずに気の向くままにブログを書いていると、どんどんカテゴリが増殖していきます(笑)。だから、意識的に専門化する必要があります。

メインジャンルを絞って記事を集中的に投入する。

具体的な施策としては、メインジャンルを多くても3つ程度にしぼって、各ジャンル20記事ずつを目安に投入します。

なぜ20記事かというと、本当は多ければ多いほど良いのですが、20記事くらいでも「詳しい人」認定はしてもらえるというのが実感としてあるからです。

実際わたしの場合、英語関連記事が20記事に達した頃から、「fummyさんのブログをきっかけに洋書多読を始めました!」とか「本の感想楽しみにしています!」という、英語ジャンルの嬉しいメッセージをいただくようになりました。「英語多読を積極的にやっている人」と、認知してもらえたと感じました。

当ブログが具体的にやること

とはいえ、当ブログの場合はぜんぜんジャンルと方向性が絞れていないので、これからやりますね(笑)。

具体的に今後やることとしては、今はわたしにとって英語(読書)の記事がとても楽しく更新しやすいので、おそらく英語読書記事をメインで投入しつつ、合間にデザインとかプログラミングとかサブメインのジャンルを挟んでいく形になるのかな、と思っています。

良質なコンテンツをつくるための施策②
  • 専門性の高さを明示してユーザーに安心してもらう。
  • 具体的には、メインジャンルを3つにしぼり、各カテゴリーにつき20記事を投入する。

【施策3】ユーザーに「自然に読み切ってもらえる文章」を書く

良質なコンテンツの3要素③
  • 情報が理解しやすい

Webに記事を公開するようになってつくづく思うのは、
最後まで読み切ってもらえる記事」を書きたいということです…!(切実)

書くことが上手な人の文章は、「読みやすい」とすら感じさせません。
話すことが上手な人のトークは、「聞きやすい」とすら感じさせません。

空気のように自然に、脳に直接入ってくる。

そういった、「読み手がストレスなく心地よく理解できる文章」を書くためのノウハウは、しっかり体系化されています。

例えば『沈黙のWebライティング』です。

この本では、行動経済学者ダニエル・カーネマンさんの『ファスト&スロー』理論を土台にして、「読み手の脳の負担」を減らして、どんどん読んでもらうための「Webライティングのノウハウ」が、具体的に紹介されています。

今回、初心に戻ってこの本を再読し、記事にノウハウを取り入れました!
それが、Compass Classic Readersシリーズの感想記事です。

とりあえず「いまの全力」で書いています。でも、これからももっと記事を書いて、まだまだ試行錯誤して、改善していきます!

良質なコンテンツをつくるための施策③
  • ユーザーが自然に理解でき、心地よく読み切ることのできる文章をかく!
  • 具体的には『沈黙のWebライティング』に示されている、「読み手の脳の負担を減らす」ライティングノウハウを取り入れる。

SPONSORED LINK

まとめ:ブログを1年間コツコツ続けると、いいことがあります!

フミラボ, ブログ, 2万PV, 運営1年, 50記事, コツコツ, 続ける, 収益, 月間PV数, 月収, アフィリエイト, Google Adsense

なんとなくブログを始めて、ときには5ヶ月くらい放置して・・・という、やる気を出したり出さなかったりしながら、マイペースでブログを1年続けてきました。

更新したのは50記事と少なめですが、数値としてみえるものとしては、以下の成果(いいこと)がありました!

運営1年の雑記ブログの目にみえる成果
  1. 50記事達成。
  2. 月間2万PV達成。
  3. ブログ月収1万8000円達成。(アドセンス+アフィリ)
  4. 12ヶ月間のブログ収入の合計は4万4000円

一方で、目に見えない成果もあります!

運営1年の雑記ブログの目にみえない成果
  1. ブログを書く体力が明らかについた。
  2. 理不尽を受け入れる海のように穏やかな心が得られた。(笑)

まず、明らかにブログを書く体力がつきました。1年前のわたしだったら、文字を書いたら完全に力尽きていました(笑)。でも、いまは体力に少し余裕があるので、アイキャッチ画像とか「PV数とか収益推移のグラフ」も、真面目に(力尽きることなく)つくることができています!

あとは、理不尽を受け入れる海のように穏やかな心。(笑)

実はこんな小さなブログでも、3/12のGoogleのコアアルゴリズムのアップデートという洗礼を見事に受けてたりします。

デイリー100PVくらいあった、ある本の感想記事が吹っ飛びました(笑)。いまはデイリー1桁ですよ! 50記事しかないブログで、これは悲しい!w

「あれ? 検索結果からいなくなってる!? まさかこれかー!ww」

みたいな感じで、むしろ笑ってしまいましたが(笑)。
ささやかですが、みんなの心の痛みが少し理解できて、ちょっと大人の階段を登れたような気がしました。(ブログ&アフィリ界の成人式かな?)

そんな感じで、ときには数ヶ月放置してしまったこともあったような(^^;)、ゆるゆるとマイペースに運営している完全趣味ブログではありますが、愛情こめて運営しています!

1年間、少しずつでもコツコツブログを続けていると、気づいた時には、目に見える成果や、目に見えない成果が得られて、よいことがあるよ!成長するよ!ということが、少しでも伝わったら嬉しいです。

それでは、今日も素敵な一日を!

fummy

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK